スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【地理】東大教員オススメ勉強法

東大教員(助教授)オススメ地理勉強法
以下一部引用


地理とは・・・

「地理の対象は地上に生起する自然・人文現象が織り成す
模様(空間分布)
である。
地理のねらいは模様を俯瞰することで
人間社会及び自然環境が地域的に多様である事を理解し
現代世界に内在する地域的課題を発見する能力を培う
ことである。」
と語る。



地理を学ぶにあたって

場所や地域に対する感受性を磨くこと
地域別統計や分布図などの「地理情報」の解読力を高めること


主にこの二つがあげられた。



・場所や地域に対する感受性を磨く
人工衛星が地球全域を観測し、情報が世界を瞬時に駆け巡る時代だ
しかし、科学技術の進歩だけでは我々の地域の見る目を鍛える事はできない
人類の居住環境の多様な姿を「五感を通じて確かめる」ことの醍醐味を
忘れがちではないだろうか?

野外に目を向けよう。その気になれば、通学途中でも旅先でも
出会うような新しい発見がある。



・地域別統計や分布図などの「地理情報」の解読力をたかめる
地図帳を活用する習慣を身に付けておきたい
そして地形・気候・河川・植生などの自然要素や
産業・交通・集落・風習をいった人文現象が
「なぜそうした分布を示すのか?その背景に何が潜むのか」
を知りたいという意欲を持って学習に取り組もう


意欲を持てるか否かは、あなたの
「現代社会が抱える諸問題に対する、関心の深さと広さ」次第だろう。



↓よかったら1クリック^^

人気blogランキング

スポンサーサイト

【地理】現役東大生オススメ勉強法&参考書

現役東大生オススメ地理勉強法&参考書
以下一部引用

東大地理の特徴
常識だけで解ける問題が比較的多いんです。
例えば、地球温暖化の原因や中国人口問題。
新聞でよく目にする話題が毎年出題されているのです。

もちろん、常識だけで解ける問題は解けて当たり前で
これを正解するだけでは合格ラインには達しません。
教科書で太字になっているような最低限の基本用語は覚える必要があります

地理オススメ勉強法
一つの用語を断片的に暗記するのではなく、関連分野と結びつけて
体系的に理解しましょう。
勉強法としては、初見のトピックを小型のカードにまとめ
関連分野の事象を後からどんどん書き込んでいく方法
がオススメ。
このカードは勉強の合間にどこでも気軽に見直せるのが利点です
国または地域別に、地形・気候・農業・工業などの項目に分けて整理しましょう

また、日頃から新聞の国際面に目を通したり
地図帳や資料集などをたえず参照したりすること
も有効です

東大地理への対策
基礎的な学習が終われば、論述問題対策が必要です
あらかじめ東大の過去問を数年分といて
問題形式や傾向をつかんでおきましょう

ここ数年の東大地理は60~90字の論述が多く
字数制限がかなりきついことを実感できるでしょう。

受験直前期になれば、入試本番に時間が不足するような事態に陥らないために
時間配分に気をつけて問題演習をすることが大切です
また時事的な話題を扱った設問対策として
東大模試の解説から解等に使えそうなネタを集めるのも良いでしょう


東大生オススメ参考書

4877255796-kouryaku.jpg

地図と地名による地理攻略
地理を学習するならこれは持っておくべきだ
地図帳には情報が多すぎで受験に必要のない
マイナーなものまで載っている
的確に覚えるべきものをキャッチしたいなら
これは必携である。



4875684320-gonda.jpg
権田地理B講義の実況中継
講義形式で書かれている。
これは地理の学習をはじめる際に
ぜひ読むべきだ。



4806120650-interesting.jpg
地理Bの点数が面白いほどとれる本
これは書店でも良く目にする有名なものだ
センター試験用の参考書だが
地理的事象の背景や因果関係が理解できる



4311111258-kizyutu.jpg

記述論述地理B
論述用の参考書。
東大の過去問が多く載っている。
要点の整理された答案を目指す。



4817602244-datebook.jpg

データブックオブザワールド
資料集。
日頃から目を通す習慣をつけることで
各地域に対する理解を深めよう




↓よかったら1クリック^^

人気blogランキング








東大の地理~傾向と対策~

東大入試傾向と対策シリーズ。今回は地理だ。
数学対策はコチラ
英語対策はコチラ
現代文対策はコチラ

東大の地理~傾向と対策~

社会科は暗記!
と思い込んではいないだろうか?
もちろん、暗記をするのは重要だし、必要となってくる。
しかし、ひとつの事象や用語を時代の流れや他国・地域との関係を
意識して、「大局的」にとらえる
ことは非常に重要である。

日本地理はほぼ必ず出る
教科書での扱いが、手薄になりがちである日本地理
東大入試ではほぼ必ず出題されるといっていいだろう。

日本単独の設問で無い場合でも、日本と比べる視野を持っていると
解答の糸口をつかみやすい。

地理は早期完成が可能
東大文科系を受験しようとおもうなら、
センター試験で、地歴から1科、公民から1科
2次試験で、地歴から2科選択する必要がある。

実質、社会科を3教科勉強する必要があるのだ。
社会科に時間をとられたくない場合、地理を選択する人は多い。
それは何故かと言うと、早期完成が可能だからである

統計資料、地図の読み取り
早期完成が可能だからこそ、統計資料、地図の読み取りには注意しよう
これは暗記ではどうしようもないところがある。
先ほど述べたとおり、時代の流れや、他国・地域との関係を
日々から意識して勉強する必要がある。
これはセンター試験でもいえることだ。


明日は「現役東大生オススメ地理勉強法&参考書」
暗記科目は、見やすくて分かりやすい参考書が大いに役立ってくれる
ことが多い。明日はそれを紹介します!


↓よかったら1クリック^^

人気blogランキング

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。