スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【物理】東大教員オススメ勉強法

東大教員(助教授)オススメ物理勉強法
以下一部引用

物理に対する心構え
物理は数学と並び、理工学系の分野の基礎となる学問だ。
なので、物理学者にならないとしても物理との付き合いは
大学を卒業しても続くことになると思う。

受験生に身に付けてほしいのは
公式をゴロ合わせで丸暗記することでも、小手先の受験テクニックでもなく
少数の基本法則を出発点として様々な現象を理解する力である。

暗記に頼った勉強法では物理や数学の二次試験では高得点は望めないし
入学した後で大きな挫折を味わうことになってしまう。
今の内に論理的にものを考える力をつけておこう。

様々な勉強法
日常生活で見られる現象について深く考えたり
宇宙や物質にの仕組みについて思いをめぐらしたりすること
も大事な出発点だ。

一方、教科書を勉強する場合には、
公式を丸暗記するのではなく、その導出過程を理解しよう。
基本法則以外の多くの公式は基本法則を出発点とした考察から導き出されたものだ。
参考書などにも、様々なグラフやマンガで説明されたりしているが
まずこうした図の意味を理解すると良いと思う。

図を使って考えることは、問題を解く場合にも大いに役立つはずである

過去の入試問題を見れば、教科書に書かれている筋道を正しく理解していれば
解ける問題がほとんどである
ことに気がつくと思う


↓よかったら1クリックお願いします^^

Blog★Ranking


人気blogランキング

スポンサーサイト

現役東大生オススメ物理勉強法&参考書

現役東大生オススメ物理勉強法&参考書
以下一部引用

物理を得意科目にする
物理を得意科目にするには
「物理現象から数式への変換・数式から物理現象の予測」
を行う思考力が必要。

この思考力を身に付けるためには、
入試レベルの応用問題を何度も繰り返し解くことが必要です
まだ、そこまで実力がついていない人は
教科書にある基本的な物理現象とそれをあらわす公式を
しっかり理解するために基本問題を集めた問題集を解きましょう。

必要な知識を習得したら
入試レベルの問題をそろえた問題集を三回以上解き
実践的な演習をしましょう
出会ったことのない複雑そうな応用問題も
基本問題と同じ物理原理を利用しています



問題の解き方
応用問題を解くときは
問題の背景となっている基本的な原理が何なのかを
見極めながら
解きましょう
物理では一回目に解いてもよくわからなかったところが
二回目、三回目と繰り返し解いていくことでわかることも多い。

反復演習で、解くセンスが身に付いていくことが実感できるはずです

また、問題を解くときは特に冒頭の方の問題に細心の注意を払ってください
前の問題の結果を基に、あとの問題を解く場合が多いからです。


上手い解答の書き方
解答の際には、採点者に親切な解答の書き方を練習しましょう
「力学的エネルギー保存則より」
などと、日本語を加え途中過程の要点を示すとミスが減り
採点者に自分の考えが良く伝わります。

模範解答をまねて自分の解答を先生にチェックしてもらうことも
オススメです。

東大生オススメ参考書

新・物理入門
新・物理入門



新・物理入門問題演習
新・物理入門問題演習



漆原晃の物理物理I・II明快解法講座
漆原晃の物理物理I・II明快解法講座




橋元の物理をはじめからていねいに
橋元の物理をはじめからていねいにシリーズ




難問題の系統とその解き方物理I・II
難問題の系統とその解き方物理I・II


次回は「東大教員オススメ物理勉強法」


↓よかったら1クリック^^

Blog★Ranking


人気blogランキング


東大の物理~傾向と対策~

東大入試傾向と対策シリーズ。今回は物理

東大の物理~傾向と対策~


物理現象を把握せよ
東大物理の問題は、問題文や状況設定もわかりやすく、
複雑な計算が必要となるものもあまりない。

しかし、問題に書かれている「物理現象」を把握する力がいる。

そのため、解法暗記の勉強法だけでは全く歯がたたないといっていいだろう。



物理現象を正確に把握するには?

東大数学への対策と少し似ているところがある。
公式を自分で導き出してみるのだ。
難しくて、自力でできない場合があるかもしれない。
それでもいい。まず自分で考える。
そして最終的には必ず理解しておきたい。

自分で証明できない公式は使わない!
というくらいの気迫をもってやれるかどうか。
それは貴方次第である。

このような勉強をしていくうちに自然と物理的な考え方が身に付き
現象を正確に把握できるようになってくる。

数学でも物理でもそうだか、公式を自分で証明する
という勉強法をしていない人が圧倒的に多い

理由は「時間がないから」
   「問題演習のほうが大事だと感じる」


このように言う人、気持ちはわからないでもありませんが
何度かやってみてください。
必ず効果がありますから。


論述問題・グラフ作図&描図問題に注意
東大物理は、論述やグラフ作図・描図問題が多い
先ほども述べた通り、やはり物理現象をしっかりと理解しておく必要がある
はやめに過去問にとりかかり、しっかりと対策しよう。

ちなみに、力学と電磁気は頻出分野であるので
必ずマスターしておきたい。



次回は「現役東大生オススメ物理勉強法&参考書」



Blog★Ranking


人気blogランキング

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。