スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[考察]●勉強と睡眠の関係について●

勉強時間の確保のため睡眠時間を減らすか

睡眠時間は十分とるか

どちらがいいと思いますか?

答は「睡眠時間は十分とる」です。

東大合格者の8割が受験中も一日平均7時間以上の睡眠時間をとっていたのです
学校で授業を受けるのも、予備校で勉強するのも、
頭が冴えていなければ、頭にも入らないし、疲れるだけです。

しかし、単純に多くの睡眠時間をとるのが言い訳ではありません。
睡眠をしすぎると逆に、頭が働いてくれないのです。

ちなみに、
「昨日10時間寝たから、今日は4時間睡眠でいいや~」
という「寝だめ」といわれるものはまったく意味がありませんので
しないようにしましょう。

何時間睡眠するのが一番効果的か?
これは色々な説がでているのですが、一番認められているのは
1時間半の倍数時間。
すなわち、3時間、4時間半、6時間、7時間半です。

6時間か7時間半が最も効率的といわれています。
ちなみに俺は7時間半。6時間だと眠いです正直。

どうやったら熟睡できるの?
いくら睡眠時間か効果的でも熟睡しないと疲れはとれません。

・寝る6時間前にはカフェインはとらないほうがいい(コーヒーとかお茶)
でも、実際晩御飯でお茶とか飲むと思うんで、できるだけ寝る直前には
飲まない方がいいです。ミルクとか水がいいでしょう。

・寝る前はあたたかい格好をしてください。ぽかぽかする程度がちょうどいいです。ホットミルクを飲むなりするといいです。

・寝る2時間前にはゲームや、ホラーorアクション映画などをみないように。ドキドキするとリラックスの状態になりにくいです。

昼寝ってどうなの?
昼寝は身体にいいです。
5分~30分という短時間の睡眠が適当です。
学校の昼休みなどに少し寝るだけで午後の授業の集中力が違う
というのは俺も実際実証済みです。

結論:6時間、7時間半など1時間半の倍数睡眠時間は体に良い

結論2:リラックスしていたら熟睡モードに入りやすい。

結論3:昼寝は短時間でも効果的である



現在16位!

↓よかったらクリック^^

人気blogランキング




スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。