スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東大への行き方】 - How to enter!? -

昨日の記事 センターテストって何? っていわれてちゃんと答えられる?
の続きです。


東大への道


東大へ行くには、センターテストと東大が独立して行う
二次試験を受けなければなりません。前期入試と後期入試があります


東京大学の前期入試は1次試験(センター試験)110点満点、
2次試験(前期試験)440点満点の合計550点満点で合否判定されます。

【注意】
センターは800点満点なのですが、東大では
センターと二次試験の得点比率を1:4としてみるのでセンターは
110点満点とみなされます
二次試験重視ということがわかりますね。

そのうち、
文化系では類にかかわらず大よそ60%(330点程度)
理科系のⅠ類、Ⅱ類では60%弱(340点程度)
Ⅲ類では70%程度(390点程度)
を得点すれば東大合格です。

例えば俺が受けようとしている文Ⅰでは
センターで700点、2次試験で240点(自己採点で)
とると、確実にうかります。


センターは教基本事項をしっかり理解していればとれるので
二次試験対策には力を入れましょう。
もちろん日本一の大学なのですから、誰もがスイスイ合格しません

二次試験の過去問を見ていただきたい。
中にはホントに難問!わからん!というのもあるかもしれません。
そんな問題は実際、誰も解けてませんって。
だからそこでは差はつきません

ではどこで差がつくか。

基礎をつみかさねていると解ける問題や
すこし、考え方を工夫すると解ける問題が中にはあります。
そういう問題を確実に点数にする人が合格します。
落ち着いて問題を見極めましょう。

もちろん
一点も無駄にはしてはいけません。


15位!!
↓クリックお願いします^^



人気blogランキング
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。