スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去問をする理由

志望校の過去問は早めに手をつけておくべきだと
当ブログで何度か紹介してきていますが
では、なぜ過去問をするのがいいのか
少し紹介しておきます。


出題傾向の把握

大学によって出題傾向というものがあります。
これは非常に重要です。
実力・偏差値で似通った学校だとしても
出題される問題が全く違ったりするので
勉強法もそれに対応するようにしなければなりません。
出題傾向をつかんでより効果的な勉強を目指します。


時間配分・解く順序を考える

試験時間を考えながらとくことで、時間配分
解く順序を身に着けます。
これを反復で練習することにより
試験本番でより有利な解答が期待できます。


実力の向上

過去問はもちろん実際の受験の問題なので
難易度は高いです。
それを解くということは、自分が苦手な分野の発見や弱点教科の契機となるため
過去問をとくことにより実力upが望めます。


受験校選定の参考

受験校決定の際、偏差値だけで受験校を決めるのでなく
実際の問題を見てから決めるというのも一つの手です。




Blog★Ranking


人気blogランキング
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。