スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★エビングハウスの忘却曲線★

忘却曲線というものがあるのをご存知だろうか。

僕は、この忘却曲線をはじめてしったのは
中学時代、授業中に数学教師がこのことについて
説明してくれたときだ。
この、忘却曲線を見ているとつくづく復習の大切さ
に気付かされる。

bo-kyaku.jpg

↑わかりやすいように、グラフ作ってみた(笑

エビングハウス氏の実験によると、記憶したことは
20分後におよそ42%を忘れ、
1時間後でおよそ56%、
9時間後でおよそ64%を忘れ、
その後少しゆるやかになり6日後にはおよそ76%を忘れてしまう
そうです。

完璧に覚えたつもりでも、
その後復習をしなければ
6日後には24%しか残っていないということになります。


ヽ(`д´;)/  これは大変だ。

しかしこの実験のサンプルに使われた課題というのは
「意味のない字並び」を暗記するというものであって
、記憶の取っ掛かりのない覚えにくい課題でした。

だからここまで早く忘却してしまうのです
しかし、ここで述べたいのは勉強においての記憶

(奈々氏さんのご指摘により
以下、追記です。
奈々氏さんありがとうございました)
06.04.17

授業を集中してしっかり受けた人
(授業を聞いていない人にはあてはまらない)
にとって、「興味を持ったり、流れをつかんで記憶したこと」は
中期記憶として脳に保存されます
なので、上の図の忘却曲線よりはゆるやかな放物線を描きます。
中期記憶では、短くて1時間、かなり長くて1ヶ月の間記憶が保たれますが
ほとんどが9時間程度で失われていまいます

記憶が中期記憶にある間に復習すると
長期記憶に残りやすくなる
ということを文献で確認しました
試験や受験で必要なのは長期記憶。
いくら中期記憶に膨大な量の知識をため込んでも
ほとんど意味がありません。

効率の良い勉強を目指しましょう。
復習ってほんと大事ですね


せっかく勉強しても、復習をしないと殆どが忘れ去られてしまう。

逆に、反復して復習をするとかなりの量が頭に入ると考えられる。


わかりきった事実かもしれないが、あえてここで紹介しておきたい。

わかりきった事を常に実行するのも、大切な力だと思うので


↓よかったら1クリックお願いしますね^^
現在の順位は・・・


人気blogランキング



Blog★Ranking








スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/114-07982a7d

コメント

初めまして管理人様。

「エビングハウスの忘却曲線」のサンプルに使われた課題というのは「意味のない字並び」を暗記するというものであって、記憶の取っ掛かりのない覚えにくい課題でした。実際の学校の課題の学習ならもっと記憶が残るでしょう。「エビングハウスの忘却曲線」を学習に応用すべき点は、記憶の忘却は9時間以内に起こるということです。いったん学習した課題を9時間以上後に再確認して、覚えていなかった課題だけ復習すれば良いのです。9時間以上記憶があれば後々まで記憶が概ね残るのですから、9時間以内に忘れた課題と同じ時間を割いて隔週する必要はないのです。
×隔週する
○学習する
僕の注意不足でした。
ご指摘ありがとうございます。
奈々氏さんのコメントをもとにして、再度記事を書き直しました

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。