スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大の現代文~傾向と対策~

先週は東大の英語シリーズであったが、
今週は現代文シリーズだ。
これも、英語の時と同様、三日にわけて見ていこうと思う。

東大の現代文~傾向と対策~

まず、東大の現代文の文章を初めて読んだ大概の人が思うこと。
「難しい」「わけがわからない」

東大の文章は抽象度が非常に高い
そのため、わかりにくい、という人が多いのだ。
論理展開、構造を把握するのが難しい。

そして、解答欄が狭い。
的確に出題者が求めている答えを見抜き、まとめあげる思考力が必要だ

「うわ~、難しそう」

確かに安易には解けないが
練習をこなせば、対応できる。


どうして狭い解答欄に必要な条件をまとめあげるか?

もちろんのことだが、必要なのは文章の主張を的確にとらえる読解力
「分析的に読む」ことに注意しよう。
対比、言い換え、論理展開のパターンに注意するのだ。
そのためには普段から意識的に筆者の問いかけに
「なせ?」「どうして?」と疑問を持ちながら読んでいく事が
効果的なのである。
どんなに複雑な文章であれ、日本語で書かれているのだ。
全くわからない、ということは無い。

文章を正確に読み、自己発問をしつつ、分析的に読む。
そして、自分のおもったことをスマートにまとめあげる。


これが秘訣なのである。


明日は「現役東大生オススメ現代文勉強法」!


↓1クリックおねがいします^^

人気blogランキング


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/139-4dd18498

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。