スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【数学】東大教員オススメ勉強法

東大教員(教授)オススメ数学勉強法
以下一部引用

数学の必要性
自分の考えを相手に伝え納得してもらう能力
将来どのような進路を選んだとしてお必要になってくる。

自分の意見を他人に押し付けても信頼は得られないが
論理的に導かれた結論は万人を納得させる力を持つ
若いうちに論理的思考能力を鍛えておけば
「信頼性」を上げるのに役立つに違いない
東大入試の全科類で数学が必修でしかも記述式だという理由
そこにあるのだろう。

数学を学ぶにあたって・・・
数学は出発点となる約束事(定義・公理)は数えるほどで
紙と鉛筆さえあればすべて自分自身で検証できる
このような学問分野は他にはない
その分、きちんと理解しているかどうかがはっきり差として現れるので
論理的素行能力を鍛錬する格好の場ともいえます

数学を勉強するに当たり最も大事な事は
「自分自身をだまさない」というこである。

証明とは、説得=納得する術であり、証明をおろそかにするということは
自分を欺くことにつながる。

仮定は何でどのように推論し、どういう結論が得られたのか
謙虚にごまかさずに自分のノートに整理するというトレーニングを
繰り返してみてはどうだろうか?


公式や定理なども、教科書をとじて自分の力だけで導いてみよう
こうすることで自分が何を理解し何を理解していないかが
はっきりするはずだ。


数学の答案の書き方
試験の答案用紙をプレゼンテーションの場と思えば
おのずとどう書くべきかが見えてくる。

この世のものとは思えない汚い字で計算式を羅列したり
全然明らかでないのに「明らかに」と強弁してあったりしたら

印象が悪いのは当然である。



↓よかったら1クリックお願いします^^

人気blogランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/152-8fcf18c3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。