スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本史】東大教員オススメ勉強法

東大教員(教授)オススメ日本史勉強法
以下一部引用

歴史価値は変転する

昔から教えられてきた歴史の定説が次々と覆り
それがまた偽造だったと言うような事件が起きた。
事実と言われるものにさえこのような変動があるのだから
歴史の意味づけ、つまり価値評価にかかわることは
時と共に変転するのが常である。


たとえば、戦前と戦後では歴史の評価は大きく変わったし
戦後でも共産主義体制の衰退・崩壊によって
また修正が迫られている。


入試においての日本史
歴史とは典型的な暗記科目だと言われてきた
しかし、2次試験などで記述式の問題ができてくると
穴埋めの問題の設問の理解や記述問題の解答として
かえって価値評価が求められるようになるってきた

それに対応して入試をクリアーするためには単純な事項だけでなく
要求される価値評価も含めて暗記すると言う
とても高次な暗記科目と割り切ってしまっても良い。


しかし、それは入試においてであって、
本当の歴史の意味づけ、価値評価は大学に入ってからゆっくりと
正確に言えば一生をかけて自分自身で考えるべきものである。

その意味で受験勉強で暗記した歴史の単純な知識は
決して無駄にならない。

年号・人名・芸術作品など単純な知識ほど
自分自身で歴史を考えるときにその素材にできるからである。


歴史年表・歴史地図帳は一生とっておけ
歴史情報がたくさんつめこまれた
歴史年表や、歴史地図帳などの副教材は
大学入学後も捨てないほうがよい。
それらは、あなたが本当に
自分自身で歴史を考えようとしたときには、
一般の歴史書や教科書・参考書より遥かに有用な道具になるだろう。


↓よければ1クッリクお願いします^^


Blog★Ranking



人気blogランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/185-3dbd385c

コメント

少なくとも、東京大学の日本史の入試対策において、
「要求される価値評価も含めて暗記する」
という単純な行為をすることは、
効率が悪いからお勧めできない。
なぜなら、
東京大学の日本史は受験生に歴史事象の単純な価値評価を問うているというよりも、歴史事象に関する理解、すなわち歴史事象の背景・意義を通時的時間軸で比較・検証した上での理解を問うているからだ。
つまり、価値評価へいたるまでの作業の訓練が大事なのだ。
したがって、価値評価を暗記することに重点を置くのでは、東大入試で高得点は望めない。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。