スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【やる気】を起こす方法 -やる気が出ない方は必見-

「やる気が出ない・・・・」
僕は何度この言葉を聞いただろうか。
人を勉強から妨げる一番の要因「めんどくさい」「やる気がない」

勉強やらなきゃと思うけどやる気が出ない・・・・
という方は是非以下の記事を参考にして欲しい。

ということで今日は、「やる気」が出る方法を紹介してみようと思う。

【やる気】を起こす方法

目的意識を持つ
目的があると、人はそれに向かってやる気を起こすという習性がある
または、やる気とまではいかなくとも行動にはそれはあらわれてくる。

目的が明確でなければやる気が動き出しようがないのだ

「皆さんはなぜ勉強をするのですか?」

勉強なんてしなくない、やる気がないのに
やらされてるんだ! と嘆いている方は
勉強が、勉強ではなく、ただの作業になっています

「僕は将来医者になる!」「○○大学に合格するんだ!」
などといった具体的目標をもう一度考え直してみてください

それが思い浮かべられたなら、やる気を出す力の源が蓄えられます。


嫌いな科目、勉強する気が無い!
苦手な科目、嫌いな科目があるのはしかたがない。
しかし、「嫌い」ではすまないこともしばしばある。

たとえば、英語が嫌いだからといってほっておいたら
あなたの大学合格可能性がガクンと落ちるのは目に見えていると思う
苦手科目を捨てる=自分の合格可能性を下げる
と考えていただければいい。

「そんなこといったって、苦手科目は本当にやる気が起こらない・・」
と嘆いている方に、一つの方法を提案します。

まず、自分の好きな教科から勉強を始めてください
そうすることにより、あなたはとりあえず机に向かうこととなります。

ある適度キリのいいところまでいくと苦手科目にとりかかってください。


そう、得意教科を先回し戦法です。
苦手科目はやろうと思うと、机に向かうことすら苦になります
しかし得意科目なら苦ではない。
それを利用してとにかくはじめに、勉強環境を作り出し
ノリに乗ったところで苦手科目にとりかかるという勉強法です。

ふとした疑問からはじまるやる気
人には好奇心というものが少なからず誰にでもあります。
たとえば手品、マジックを見ている時の人間なんて
好奇心のかたまりです。
「あれ?なんで?」「ええ!?どうやったんだろう」

すべて好奇心です。

人はよく
「やってみなければわからないじゃないか!」と声を大にして叫ぶ。

その「やってみなければ」を実際の行動に移すのが好奇心だ。

当ブログでも何度か
「日ごろから自分の身の回りにあることに疑問を持ってください」
と提案したことがる。
脳科学的に「好奇心」と「やる気」とは非常に深いかかわりを持っているのだ。


「やる気」についてまだ話しておきたいことがある。
今日はこの辺までにして明日続きを書きたい。
明日の記事は「なぜ勉強に対してやる気がでないのか」
です。
ゲームとか漫画読んだりするのはなんの苦もなくできるのに
なぜ勉強は苦なのか?
 その辺りを検証していきたい。


↓よかったら1クリック^^

Blog★Ranking


人気blogランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/193-d5e6c300

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。