スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強に対するやる気

さて、今日も昨日に引き続き「やる気」についての話だ。

勉強に対するやる気

今の時代に生きる若者は、平和なご時勢ゆえ、「必死に何かをやる」ことを知らない
平和ボケ・・・・
飽食の時代にいきる僕たち。
自ら生きる道を探さなくても、なんとかうまく生きていける
無気力、無感動、無関心の若者たち。と世間では嘆かれている。

なぜ勉強に対してやる気が起こらないのか

勉強によって、達成感・快感を味わう経験をしていないからです
またはその経験が浅すぎるからです。


ゲームをするのが好き、漫画を読むのは好きな人は
ゲームをしたり漫画をしたりすることで「満足感・快感」を得ています

ゲーム・漫画は最も容易に快感、満足感を得られる道具の一つだ。
その便利な道具を知っているが故に、
あえて勉強で達成感・満足感を味わおうとしない。


勉強で達成感を味わおうと思えば、ある程度の努力と積み重ねが必要となる
楽な道を行こうとするのが人間の性。


これらの理由から、勉強するのがしんどいという思想が生まれる。

勉強で達成感・快感を得た経験がない→勉強なんてつまらないと感じる

→勉強したって意味がないと思い始める



自分は勉強ができないんだという思い込み

「思い込み」これほど怖いものはない。
人間は自分の思い込みで生きているといっても過言ではないほどだ。

人はその自分勝手な「思い込み」をもっているため
かなり損をして生きているのだと叫ぶ学者もいる。

上で述べたように、勉強をしんどいと思う人達はやがて
「自分は勉強ができない」と言い始める

当たり前だ。やっていないのに出来るはずがない

「やればできる」という甘い言葉を言うつもりはないが
「やる気」があればできる。とは断言しておきたい。

ただ危険なのは「勉強ができない」という思い込みだ。
それを打破し、目標に向かう気持ちがあるのなら
今からでも、あなたは勉強をやり始めることができる。


とにかく、2週間は続けて欲しい

勉強習慣をつけたいのなら、とにかく2週間は毎日机に向かって欲しい。
毎日だ。
言い訳、妥協は不要。
ゲームや漫画のように、すぐに満足感・快感を得ることはできないかもしれないが
あなたの考え方次第で勉強は快感に満ちた宝箱に変貌する。

昔解けなかった問題が、解けた。
答えを見ずにいきなり解けた。
怠け者の自分が2時間も勉強した


など、すぐそこに達成感はころがっている。
その達成感を拾い集め、つみあげていくと
ゲームなどでは得られないような
とてつもない満足感・達成感があなたに降りかかってくるだろう
たとえば、第一志望合格・資格取得といったような。

人は二週間続けてある物事を行うと
それが習慣化する傾向がある。

だからとにかく2週間続けてみて欲しい。
2週間あれば人は大きく変わる。


最後にあの有名なエジソンの言葉を紹介しておこう。

「ほとんどすべての人間は、

もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまでいきつき、

そこでやる気を失ってしまう

いよいよこれからだというのに」
 /エジソン



↓よかったら1クリック^^

Blog★Ranking


人気blogランキング







スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/195-1f90d506

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。