スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【秘伝】現代文・国語2次試験得点up!の極意【新勉強法】

今日は、少し見方をかえた面白い勉強法を紹介します

結論から言うと読書をしてくださいということです。
「な~んだ、ありきたりじゃん」
と思いましたか?

いいえ、違います。
あなたが受けようと思っている大学の

教員が書いている本を読んでください


国語の問題を作るのは大学側。
いってみれば出題者の興味のあるところが出題されやすい。

しかし、大学入試に使われる文章は大概難しく
意味が取り辛い。

しかし、受けようと思う大学の教員の本を読み漁り
その大学側に潜む思考、特徴を捉えておくと
実際、入試で問題を読むとき理解しやすくなる可能性が
非常に高くなります


もちろん教員が書いた本の文章が出ることは無いでしょうが
かなり有利になることは間違いありません。
読みながら「あ~このことか!」と思えたら最高です。

受けたい大学の教員の本を読むということはいわば、
学校の問題傾向をつかむこと
とも重なるといってもいいのではないでしょうか

読書をすることで、文章を読むことになれる。→国語成績up!

そして、大学側の主張を感じ取ることができるようになる→大学合格へ一歩近づく!


まさに一石二鳥!
受験当日まで、人は皆、時間を平等に与えられます。
その限られた時間の中でどれほど質のいい勉強をするか!?
効率の良い勉強法を心がけましょう^^





★有名大学教員の著書一例★

以下は参考です。
下のリンクをクリックすると関連商品ページに飛ぶことができます。


【東京大学】


上野 千鶴子





一ノ瀬 正樹





小島 孝之




ここにのせたのはほんとにほんとに一例です。
ごめんなさいね^^;

他にも沢山あります。
東京大学HPのここ
から興味のある分野をクリックし
教員のプロフィールを見ると著書などが載っていますよ^^




↓よかったら1クリックおねがいします^^

Blog★Ranking


人気blogランキング







スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/203-18206ff6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。