スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大の生物~傾向と対策~

東大入試傾向と対策シリーズ。今回は生物

東大の生物~傾向と対策~



教科書を精読せよ
東大生物はリード文が長いことが特徴である
扱われる内容は生物学の最先端分野や高校ではあまり見慣れない実験からの
出題だ。
しかしリード文中にヒントが隠されているので
日々、教科書を精読するくせをつけておくと
生物の基礎が身に付き、解答を導き出すことができるだろう。


正しく分析、正しく整理

リード文は長いが、正しく理解しないともちろん問題は解けない
さらに、図・グラフ・表を読解して情報を正しく整理することも重要だ

日ごろから、問題を解くとき自分で自己分析するようにこころがけておくと
分析力がつく。


論述力が必要
本質を端的にとらえる論述力が必要。
受験勉強をしているときはテレビはみてはいけないと
勘違いしていないだろうか?


新聞やテレビニュース、ドキュメンタリーはむしろ見たほうが有利になる
生命科学の話題に触れておくことで論述対策となる。

テレビを見る事はマイナスではない、
適切でないプログラムを見ることがマイナスとなるだけだ


明日は「現役東大生オススメ生物勉強法&参考書」



Blog★Ranking


人気blogランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/213-cc4a22f4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。