スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現役東大生オススメ生物勉強法&参考書

現役東大生オススメ生物勉強法&参考書
以下一部引用

受験生物の特徴
生物は理科の中でもとりわけ問題文が長く
教科書には見られない用語が多い。
しかし、文が長いのは問題設定の解説が丁寧だからであり
教科書に無い単語は受験生ほぼ全員がはじめてみる単語である。

毎年、遺伝子の分野が重視される傾向があります
そして、問題文の中には教科書の範囲を超えたような内容が出ることが
よくあります。よって、典型的問題を覚える作業の繰り返しでは解けません
しかし、教科書範囲の正確な知識を身につければ
問題に対応できるように工夫されています。
生物は理科の中でも教科書が重要な科目です


東大生物の論述
東大の生物は論述問題が大半なので
文章で説明する練習は十分にしましょう
東大の解答用紙は一行が23,5cm程度
普段から記述の際はこれを意識して問題を解くといいでしょう

過不足なく論述するにはまず書くべきポイントを箇条書きします
そして各ポイントに重要度に応じて優先度をつけます
優先順位の高いものを落とさないように論述すれば
自分では書けたつもりなのに点数が取れないことを避けることができます


科学的な考察・推論する力
一番の問題は考察問題でしょう。
それぞれの実験が何を意図しているのか
その実験からどのような結論が導き出されるのか
そしてこの実験に欠点は無いかなどに注目します


単に実験の問題を解くと言うのではなく
積極的に実験に向き合っていく必要があります
つまり、頭の中で仮想的に実験をする習慣がなければならない

総合的な力を身につけるためには多くの問題演習をつむ必要があります
生物が好きな人は高校範囲を超えた生物学の本を読んでおくのも無駄にはなりません



東大生オススメ参考書

生物1 合格39講
生物1 合格39講

生物II合格33講



チャート式要点と演習新生物IB・II
チャート式要点と演習新生物IB・II




生物考える実験問題50選
生物考える実験問題50選




生物考える問題100選
生物考える問題100選




生物合否決定問題攻略26
生物合否決定問題攻略26




↓よかったら1クリック^^

Blog★Ranking


人気blogランキング







スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/218-3983dced

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。