スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大 二次試験(前期)問題 【国語・数学】(平成18年度)

国公立の2次試験。
遂に終了しましたね。


受験者の皆様本当にお疲れ様でした。

そして、早速
今年の問題が公開されましたよ!


↓問題はコチラから見れます

東大 2次問題 (平成18年度)

数学は難易度変わりなし
国語は文理共通!!(文系の方が一問多いが)



文系数学・・・分量・難易度変化無し
       考えさせる問題が減り、計算量が増えた

       
第一問 図形と軽量(数学I)
第二問 確率(数学A)
第三問 整数 式と証明(数学I、数学II)
第四問 微分法 絶対値(数学II、数学I)



理系数学・・・分量・難易度変化無し
       アイデア、計算力ともに必要なバランスのよい出題

       
第一問 平面座標 ベクトル(数学II、数学B)
第二問 確率(数学A)
第三問 平面座標(数学II)
第四問 整数(数学I)
第五問 数列の極限(数学III)
第六問 微分法 積分法(数学III)



文系理系国語・・・分量・難易度易化
       問題文がよみやすくなった(前年と比べて)

       (第四問は文系のみ)
第一問 現代文 「宗教氏の可能性」より/宇都宮輝夫
第二問 古典 「堤中納言物語」
第三問 漢文 「統墨客揮犀」
第四問 現代文「学校の再生をめざして」より 


第四問は東京大学出版会の本ですね。


僕も東大受験、あと2年を切りました。
さらに奮起して頑張っていこうと思います

↓応援してくださる方はクリック^^

Blog★Ranking


人気blogランキング







スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/225-17034dd0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。