スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大の物理~傾向と対策~

東大入試傾向と対策シリーズ。今回は物理

東大の物理~傾向と対策~


物理現象を把握せよ
東大物理の問題は、問題文や状況設定もわかりやすく、
複雑な計算が必要となるものもあまりない。

しかし、問題に書かれている「物理現象」を把握する力がいる。

そのため、解法暗記の勉強法だけでは全く歯がたたないといっていいだろう。



物理現象を正確に把握するには?

東大数学への対策と少し似ているところがある。
公式を自分で導き出してみるのだ。
難しくて、自力でできない場合があるかもしれない。
それでもいい。まず自分で考える。
そして最終的には必ず理解しておきたい。

自分で証明できない公式は使わない!
というくらいの気迫をもってやれるかどうか。
それは貴方次第である。

このような勉強をしていくうちに自然と物理的な考え方が身に付き
現象を正確に把握できるようになってくる。

数学でも物理でもそうだか、公式を自分で証明する
という勉強法をしていない人が圧倒的に多い

理由は「時間がないから」
   「問題演習のほうが大事だと感じる」


このように言う人、気持ちはわからないでもありませんが
何度かやってみてください。
必ず効果がありますから。


論述問題・グラフ作図&描図問題に注意
東大物理は、論述やグラフ作図・描図問題が多い
先ほども述べた通り、やはり物理現象をしっかりと理解しておく必要がある
はやめに過去問にとりかかり、しっかりと対策しよう。

ちなみに、力学と電磁気は頻出分野であるので
必ずマスターしておきたい。



次回は「現役東大生オススメ物理勉強法&参考書」



Blog★Ranking


人気blogランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/260-057c46b3

コメント

はじめまして!学問一般ランキングからやってきましたatopiaと申します。

受験生向けのステキなブログですね!というか高一から大学受験対策されているなんて周到ですね!合格目指して頑張ってください!!

この度は自分のやっているブログと相互リンクをしていただきたくコメントをさせて頂きました。私のところには勝手ながらリンクを張らせていただきました。ブログ等の情報は以下の通りです。

ブログ:知能指数心理学への挑戦
URL:http://iqeq.livedoor.biz/
管理人:atopia

突然のお願いですが、どうぞよろしくお願いします。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。