スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●目薬の効果的な差しかた● 疲れ目・ドライアイの方に

勉強をしていると必然的に目もつかれてきます。
そこで今日は目薬の効果的な差しかたを紹介しましょう。

目薬の効果的な差しかた

1.親指の腹でこめかみに当て、残りの四本の指で握りこぶしを作ります

2.握りこぶしの、人差し指の第二関節のあたりで目の内側の窪んだ所を押してなでます。

3.その手の形のまま、目を囲む頭蓋骨に沿って内回し・外回しそれぞれ5回ずつ行います。
4.ここで目薬を差します。

5.目薬を入れたら、まぶたや涙袋(目の下の柔らかい部分)をつまんでたぷたぷとします。


これで普通にさすよりも数十倍の効果が得られるそうです
是非お試しあれ^^


Blog★Ranking


人気blogランキング





スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/325-f0a2a4a8

目薬について
目薬目薬(めぐすり)は、「点眼液」の俗称で、目に直接投与する液状の薬である(薬事法で医薬品に分類されている)。目の炎症を抑えるためや、目脂・目のかゆみ解消にも使われる。また、単に目をすっきりさせるさしごこちの清涼感を求めることにも使われている。動詞として

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。