スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大に受かる人の考え方

学校でおもしろいものが配られた。

「東大に受かる人の考え方」

なぜこんなものが配られたのかはよくわからないのだが
東大を目指している俺にとって、興味をそそるものだった。

内容を一部引用して、紹介してみる。

【東大に受かる人の考え方】
今後、日本の景気が回復するかというと、そう楽観的には考えられない
日本は信じられないほど構造改革が遅れているし
市場がこれ以上広がる可能性は少なく、日本が反映する要素は
あまり見当たらないからだ。

そんな世の中を分析して危機感を持っているのは
勉強ができる人である。

例えば、東大生の場合、東大を出ても一生安泰に過ごせる保証はないから
司法試験の予備校に通いだすなど、次の手を打っている人が多い
この十年で東大の司法試験の合格者が倍になったことに、
危機感に敏感な彼らの姿がうかがい知れる。

勉強のできない子、「東大をでてもリストラされる」と聞くと、
「東大出たってリストラされるんだから」
勉強をしない言い訳に使う

勉強のできる子
「東大を出ただけじゃダメなんだ」より勉強する

同じ情報を得たとき、それに対してどういう受け止め方をするかが、
その人の将来に大きな影響を及ぼすことになる。


東大に受かる人の考え方
より一部引用




つ、ついに9位!!!

ありがとうございます!!ヽ(゚∀゚)ノ ☆


人気blogランキング
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://toudai30.blog25.fc2.com/tb.php/35-b2b49a18

コメント

好きな小説チックなゲームの一説に、こんな言葉がありました。
  「頑張ろうと思えば、ゆっくりでも物事は確実によくなっていく
   限界だと感じてしまえば、どこまでも堕ちてゆく
   そんなものだと思った」
今日の話に、ちょっと似てるよね。
頂上もないし、どん底もないんだろうな、きっと。
良い言葉ですね!

なんでも気の持ちようですね

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。